【パニック障害】不安を和らげる1/2呼吸法!

整体院 吉香-kikka-より、

From 田辺寿夫(たなべひさお)

 

呼吸は吐く方を長く、

吸う方を短くすると

安定しますが、

 

不安や緊張が強くなると

交感神経が優勢化されて、

吸う方に意識が

向きやすくなってしまします。

 

吐く息が少ないと、

 

体内の二酸化炭素が

出せなくなり、

 

新しい酸素が入る

スペースが減ってしまい、

 

浅く、早い呼吸になり、

苦しくなったり、

怖くなったりします。

 

苦しかったり、

怖かったりして、

 

ハッ!ハッ!と

短い呼吸になっても

吸う方が短ければ、

 

フッ!フッ!

と吐く息を多くして、

 

フー、フー、

と少しずつ、

呼吸を整えていくものです。

 

少し呼吸が整ってきたら、

 

2秒吐いて、1秒で吸う、

3秒吐いて、1、5秒で吸う、

4秒吐いて、2秒で吸う、

と伸ばしていき、

 

6秒で吐いて、

3秒で吸えるようになれば、

 

脳内のストレスも緩和されて、

 

不安も落ち着いてきます。

 

脳内が落ち着いてくれば、

 

呼吸を意識から手放しても、

自律神経が正常な呼吸を

整えてくれるようになります。

 

不安が強い方は、

呼吸を意識すると怖くなって、

 

呼吸法をやりたくない!

 

と言われますが、 

 

この呼吸法を試して、

効果を実感された方が多いので、

 

吐く息を2として、

吸う息を1とする、

 

1/2呼吸法を覚えていただき、

 

少しずつ、実践してみてください。

 

動画での説明はこちら

https://youtu.be/nOYyqI64fWw

 

整体院吉香では、

 

自律神経の乱れによる不調や、

 

慢性的な肩こり腰痛など、

 

脳波の整体

(セロトニン活性療法)や、

 

経絡と体液の流れを調整することで、

 

根本から回復力を高めていきます。

詳しくはこちら

http://u0u1.net/jrWc

 

まずは、お気軽に、ご相談ください。

 

ご連絡お待ちしております。

 

最後までご覧いただき、

 

ありがとうございます。